YouTube配信記事:【海外就職】海外就職における面接対策①~英語面接ってある?~

0

こんにちは!
BEYOND THE BORDER 海外キャリアコンサルタントの岡本です!

海外就職をするにあたって、乗り越えなければならない壁の一つが・・・面接ですよね?
この記事をご覧の海外就職をご検討されている皆さんの中にも

  • 海外就職での面接って、日本の就職・転職活動と違う?
  • 英語での面接ってある?
  • そもそも就職・転職活動における面接が苦手

などなど、不安や心配が尽きない方、きっといらっしゃると思います。

今回から2回にわたり、海外就職における面接対策についてお話をしていきます。
第1回となる今回は、「海外就職における面接対策①~英語面接ってある?~」というテーマでお話をさせて頂きました。

※この記事は下記のYouTube動画の内容を記事にまとめたものです。

 

海外就職における面接とは?

海外就職における面接とは、大きく分けて2つあります。

  1. 転職エージェントとの面接
  2. 就職を希望する企業との面接

順番としては、1.転職エージェントとの面接→2.就職を希望する企業との面接の順に進み、聞かれる内容に大差はありませんが、どちらも大切なステップです。
特に、転職エージェントさんとの面談を軽視してしまうケースが散見されますが、転職エージェントさんとの面接も非常に重要です。
その理由を明らかにするために、まずはそれぞれの面接の目的を明確にしてみましょう。

 

1.転職エージェントとの面接

転職エージェントとの面接は、転職エージェントが求職者(あなた)のことを知り、どの企業にあなたを紹介しようか品定めをする場です。

注意点としては、転職エージェントが紹介した企業しか求職者は面接を受けることができないという点です。
だからこそ、この転職エージェントとの面談もきちんと準備をして望む必要があります。
万が一、この段階で企業に紹介する必要もない人材とみなされると、1社も紹介してもらえないという事態も起こり得ます。実際、転職エージェントに対する態度がぞんざい・適当であったりして、損をしている人は多く見受けられます。

 

2.就職を希望する企業との面接

転職エージェントに紹介された企業が求職者を実際に面接して、採用するかを決める場です。

 

それぞれの面接に際して提出する資料は?

提出資料については、転職エージェント・就職を希望する企業のいずれにおいても基本的に同じで

  1. 日本語の履歴書
  2. 日本語の職務経歴書
  3. 英文レジュメ(英文の職務経歴書)

の3つが挙げられます。

国によって、あるいは会社によって上記3点をすべて揃える必要がある場合もあれば、日本語の書類のみで可とするケースもあります。
また、シンガポールのように高い英語力が求められる国の場合は、場合によって英文レジュメのみというケースもあるようです。

ちなみに、僕のアシスタントを務めるペクさんは、マレーシア・ベトナム・タイで就職活動を行ったようですが、いずれの国でも上記3点すべてを転職エージェントに提出したとのことでした。

なお、同じ国の中でも基本的に複数の会社に応募する形になると思いますので、3点とも事前に揃えておく方がよいと思います。

 

気になる英語面接の有無は?

英語面接の有無は場合による

転職エージェントとの面接、就職を希望する企業との面接のいずれにおいても、英語面接の有無はケースバイケースです。
既にTOEICでハイスコアを持っている場合や、語学力がさほど重視されない会社であれば、英語面接なしで内定が出るケースもこれまでありました。

僕のアシスタントを務めるペクさんも、転職エージェントとの面談では一部英語での面接があったようですが、就職を希望する企業との面談に英語での面接はなかったと記憶しているとのことでした。
彼女のケースでは、TOEICスコアが900点以上、フィリピン・セブでの海外インターン経験もあったことから、転職エージェント側から企業側へ英語力については問題がないと伝えていたため、企業側が英語での面接を実施しなかった可能性があると考えられます。
通常、マレーシアであれば英語面談があるケースが多いように思います。

 

事前にしっかりとした準備を

上記でお伝えした通り、英語面接の有無は国や会社により異なります。
しかしながら、基本的に複数の企業に応募する形となりますので、こちらも事前の対策をきちんとした方がよいでしょう。

日本語での面接にせよ、英語での面接にせよ、聞かれることはある程度決まっています。
ただ、英語の場合、英語が全くできず、聞かれた質問に一言も答えられないとなると、全く評価されないという事態になりかねません。
よって、日本語・英語を問わず、事前にしっかりと準備をし、落ち着いて本番に臨めるようにした方がよいと思います。

 

まとめ

今回は「海外就職における面接対策①~英語面接ってある?~」というテーマでお話してきました。

ポイントとしては

  • 海外就職における面接では、①転職エージェントとの面接、②就職を希望する企業との面接の2段階がある
  • ①の転職エージェントとの面談を軽視する方が多いが、①、②いずれも重要なプロセスである
  • 英語での面接の有無は場合によるが、事前に準備をすることで対応が可能である

が挙げられます。

具体的な質問事項については、次回お話をさせて頂きますのでお楽しみに!

 

今後もこちらのチャンネルで海外での働き方や頂いたお悩みについてお伝えしていきます。
お見逃しなく!

また、キャリアや海外就職に関する相談やその他海外就職に関する情報についてメルマガで発信しています。
こちらのメルマガに登録して下さった方にはSkypeで無料相談も受け付けております。
メルマガ登録はこちらから!
※ご登録頂いた方には全13回の無料動画「海外就職のはじめ方」とアジア海外就職に役立つe-Books6冊もプレゼント中!

▼セブ英語留学&キャリアデザイン▼
フィリピン・セブ英会話スクールCROSS×ROADの海外就職準備コース

Share.

About Author

岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント