【現地採用者の給料事情】マレーシアに海外就職をした僕が8カ月で貯金できた金額は○○万円でした!(1ヶ月の内訳有)

みなさんこんにちは!マレーシアで現地採用として働いている奥村 孝二(おくむら こうじ)です。僕はマレーシアで働き始めてから8カ月が経とうとしています。

今回はマレーシアの物価や僕の1カ月の給料&毎月の貯金額を大公開します!!僕の給料はマレーシアで働く20代後半の日本人の平均的な給料です。

もしマレーシアで就職を考えている人は

  • 「物価はこれくらいなんだ!」
  • 「給料はこんなもんなんだ!」
  • 「貯金はこんなにもできるんだ!」

とイメージを持っていただけたらと思います。

どうぞご覧ください!

(価格は2018年8月現在RM1=約27.4円で計算しています)

 

マレーシアの生活と物価

マレーシアの生活にかかる平均的な物価は日本の物価の3分の2くらいです。5年、10年前までのマレーシアは日本の3分の1と言われていましたが、近年発展とともに物価も上昇しています。

マレーシア国内の食べ物や服などは比較的安いです。しかし、日本や欧米諸国から輸入している食べ物や服(GAPなど)は日本で購入する以上の値段が付けられています。

マレーシア国内には日本の100円均一のダイソーやユニクロなども多くあります。日本で購入できるもののほとんどはマレーシアでも購入できるので、マレーシアで生活予定の方もご安心ください!

マレーシアの詳しい物価はこちらの記事をご参考ください⇓⇓

マレーシアの物価水準【Beyond The Border】

 

マレーシアの給料事情

日本人の現地採用の最低給料はRM5,000(約13万6千円)からとなっています。外国人はワーキングVISAの取得のため、RM5000以下の給料で雇うことは禁止されています。

注意!
もしRM5000以下の求人が出ている場合は、違法ですのでご注意ください

 

また、マレーシア人の大卒初任給は1カ月RM2,000〜2,500(約5万5千円〜6万8千円)です。外国人は現地の人の2〜3倍近くの給料が支給されています。

日本人の仕事内容も簡単なものは少なく、複数のマレーシア人を管理するマネージャーや日本人をお客さんにする営業や接客業といった仕事が多いです。

給料は日本円で1カ月約14万円ですが、物価が安いので何不自由なく暮らすことができます。

また、最近の日本人向けの求人ではRM6000(約16万5千円)以上の給料を提示している会社がほとんどです。

スキルや経験があればRM7000(約19万1千円)、RM8000(約22万円)の給料をもらうこともできるので、自分のやりたいことやスキルを今一度振り返ってみましょう!

 

 

マレーシアで働く僕の1カ月の給料&毎月の貯金額

みなさんが気になるであろう僕の1カ月の給料&毎月の貯金額を発表したいと思います。

僕の1カ月の給料はRM5700(約15万6千円)です。また毎月の貯金額は約RM2500(約6万3千円)となります。

マレーシアで就職してから8カ月で始めた貯金は今では50万円になりました!

 

また、僕の1カ月の生活費の内訳はこのようになってます。

【1カ月の給料の内訳】

マレーシアに住んでいるとぜいたくに生活できていますが、日本に比べるとあまり給料は多くないと思います。

周りの友達に1カ月の給料と貯金額を聞くと平均して給料は約RM6300(約17万2千円)、毎月の貯金額は約RM1820(約5万円)でした。車や旅行が好きな友達はやはり貯金額も少なかったです。

ですが、マレーシアで普通に生活していると現地採用者でも月に5万円以上は貯金できます。

 

マレーシアの外国人税(所得税)について

また、1年間マレーシアで働いていて年間収入を5,000リンギット(約13万円)以上得ている人は、所得に応じた個人所得税を支払う義務があります。累進課税制で、年間所得額によって1~28%の税率がかかってきます。

所得税以外には外国人に対しての特別な税金はないのでご安心ください!

所得税は非居住者や居住者により変動するので、詳細は働く会社や転職エージェントなどに聞いてみましょう!
ちなみに、僕は毎月RM200前後(約5500円)を所得税で支払っています。

 

僕がマレーシアで貯金ができている3つのコツ

最後に僕がマレーシアで行っている貯金のコツを3つご紹介します!

1. 日本食だけではなくローカルのご飯も食べる

マレーシアで日本食や日本で食べているものを食べると高いです。RM20(約550円)以上はするので、毎日食べると出費が重なります。僕はマレーシアのローカルご飯(RM10以下)のものを食べることが多いです。

マレーシアのローカル料理ばかりだと飽きますが、自炊やフードコートを活用することで僕は出費を抑えています。

【関連記事】

“グルメ王国”マレーシアの食事ってコスパ良い?おすすめ料理&節約術を大公開!

 

2. 移動は電車やバスを使う

マレーシアの中心部(クアラルンプール)では公共の交通機関が発達しています。Grabなどのタクシーアプリも簡単で安く使えますが、何度も使うと出費が重なってしまいます。

電車やバスは簡単で、安く(RM1)から使用できますので、積極的に使ってみましょう!

 

3. お酒はあまり飲まない or まとめ買いする

マレーシアはイスラム教の国なので、酒税が高く設定されています。コンビニやスーパーでビールを買えば1缶(330ml)でRM7(約190円)以上もします。平均して日本の1.5倍もの値段がかかります。

ですが、ケースや6缶以上で購入すると割引がされます。僕は購入するときは6缶以上購入して家にストックしています。僕は日本ではほぼ毎日飲んでいましたが、マレーシアでは週に2回ぐらいに抑えています。また、レストランやおしゃれなバーで飲むと高いので、家やローカルのバーで飲むなどすればお酒を飲む人も出費を抑えることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマレーシアの物価と僕の給料&貯金額をご紹介しました!

みなさんもマレーシアの生活がイメージできたでしょうか?

マレーシアの物価は日本の3分の2くらいです。ですので、気軽にショッピングや外食も楽しむことができます。

また、マレーシアの僕の友達の現地採用の平均給料は約RM6300(約17万2千円)、貯金額は約RM1820(約5万円)でした

給料は日本に比べると少ないですが、マレーシアの異文化の中で仕事をすることはとてもおもしろく、刺激になります。

みなさんもぜひ東南アジアでの海外就職に挑戦してみてください!!

 

僕は今後は仕事と副業(ブログ等)をしながらお金を稼ぎ、貯金していきたいと思います。

僕のブログはこちらから⇓⇓

Endless Journey

 

みなさんと世界のどこかで会えることを夢見ています!

読んでいただきありがとうございました!!

 

KojiOkumura

こんにちは!奥村 孝二(おくむら こうじ)です。 マレーシアにて現地採用として働いています。 マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。 よろしくお願いします! 【海外就職・世界一周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】