日々雑感

スパイシーな学習経験

リーダーシップについて

僕は一応、中小企業(メンバー40名弱)の代表なのですが
苦手するところがリーダーシップを振るうことなんです。

今回はこんなカミングアウトで始めようかと思います(苦笑)。

僕は昔から学級員とかサークルのキャプテンだとか
色々とやらされてきました。
(必ずしも自主的ではない。)

でも仕事におけるマネージメント経験は30代半ばにして
それほど多くないと思ってます(正直なところ)。

また、これも正直に言うと会社のマネージメントも
優秀なメンバーがいるのである程度やれば
皆さんきちんとやってくれるので僕はそんなに
必要ありません(苦笑)。

ただ、メンバーも増えてきたし、
もっとみんなには成長してほしいと思うことも
あるので自分の優先課題として今絶賛勉強中&実践中です。

それで先日面白いセミナーをオンラインで受けたので
その一部についてシェアしようかと思います。

内容としては下記の2つです。

①リーダーシップとは何であるか?
②リーダーシップ開発をどのように行えば良いのか?

「①リーダーシップとは何であるか?」について

リーダーシップ研究はたくさんあるものの
実はリーダーシップについての明確な定義はないそうです。

ただ、一般的なところでいくと下記になります。

①グループの共通目標に向けて【目標軸】
②グループの個々人がそれぞれに影響を与え合うプロセス【影響軸】

まぁ振り返れば、みんなが目標に向かって動いている状況を作ることが
できていればよいのでしょう。

振り返ってみると、僕らの現在の職場はある程度これが
できているのかなぁと思います。

もちろんまだまだなところはたくさんあるのですが
これは僕の周りが優秀なのでそれに助けられていると思います。

ただ、やはりこれまで小さいな組織であったため
きちんと目標やビジョンを伝えてこなかったのも事実。

もちろん、自分の中で目指したい未来はありますので
皆と共有してやっていきたいと思いました。

「②リーダーシップ開発をどのように行えば良いのか?」について

今回の学びで一番面白かったところです。

それは、、

リーダーシップの開発とは「スパイシーな経験学習」であるとのこと。

その「スパイシーな学習経験」は下記のように進んでいきます。

①悶絶リーダー経験
(脳がちぎれる探求リーダー経験)
(足が棒になる営業リーダー経験)
(腰がぬけそうになるリーダー交渉経験など)

②スパイシーなフィードバック
(耳の痛い弱点をストレートに伝えてもらう)

③ディープリフレクション
(リーダーとして影響力を行使したあとのフォローアップ)
(「過去を振り返り、意味づけ、未来を構築」する)
(その際「自分の感情」「他者の感情」にまで踏み込む)

④追っかけコーチング
(成長課題を自己設定させて確実に実施させる)
(一定期間、現実と目標のギャップ、やるべきことを意識させるために問いを提供し、本人に気づきを提供すること)

もうすぐ新しいメンバーも増えますし
新しいことに取り組んでいきたいと思っています。

「スパイシーな経験学習」をどれだけやれるかが
自分も含めて、それぞれの成長には大切な要素だと思いました。

みなさんは「スパイシーな経験学習」をしていますか?
どうすれば、それを無理なくできる環境を作れるでしょうか?

オンライン海外キャリア相談受付中!オンライン海外キャリア相談受付中!
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒