日々雑感

賽(サイ)をふれ

昨日、タイミングについての投稿を書いていて
思ったことがあったので今日はそのことについて。

僕は現在、フィリピンのセブで小さな会社を経営していますが
元々はコンサルティングファームで多くの会社の事業計画を
作っていました。

それで、ビジネスや人生におけるチャレンジって
期待値ゼロ以上の案件ばかりなんだなぁ、とふと思いました。

だからこそ、私たちはもっと多くの事に
チャレンジをした方がきっと良い人生を送れるのだと思います。

期待値というのはあることをやった時の
リターンを表す指標です(めちゃざっくり)。

例えば、100万円をあるプロジェクトへの投資することを考えた時、
成功する確率が50%、失敗する確率が50%としましょう。

さらに成功した時のリターンを+200万円、
失敗する時の損失を−100万円とします。

その時の期待値を計算すると、、
(投資額100万円はリターンに含めます)

200万円×50%+(-)100万円×50%=50万円

となり、このプロジェクトの期待値はプラスで
実行すべきということになります。

逆に成功する確率が10%、失敗する確率が90%としましょう。

その場合、期待値は下記になります。

200万円×10%+(-)100万円×90%=-70万円

この場合は、期待値がゼロ以下となってしまい、
このプロジェクトは棄却すべきとなります。

経営の世界ではこんな形でプロジェクトを数字で捉え、
それを実行するかを考えるわけです。
(もうちょっと複雑に捉えたりはしますが。)

それでこれを個人の人生にこの考えを当てはめた場合、
次のように考えられるわけです。

あなたが次のような期待値のプロジェクトに参加するか
迷ったとしましょう。

あなたならこのプロジェクト(投資)に乗りますか?
それとも見送りますか?

投資額…100万円
成功確率…50% 成功報酬…(+)1,000万円
失敗確率…50% 失敗損失…(+)200万円

期待値を計算すると下記になります。

1,000万円×50%+200万円×50%=600万円

100万円を投資した場合のリターンである期待値は
600万円となりかなり割の良いプロジェクトですね。

しかも、失敗した場合にも関わらず
失敗損失がプラス(失敗損失…(+)200万円)!?
と疑問を持つと思いますが、これはあり得ます。

たとえ金額がマイナスであっても
それ以上に個人の成長や経験や人脈や良い情報といったものを
得ることができるのであれば、それを金額に換算するとプラスに
なることは当然あります。

また、成功報酬が1,000万円ととても大きいと思われるかも
しれませんが僕はこれでも大きすぎないと思います。

何かに100万円を投資したとして10倍以上のリターンは
自分でリスクをとっている場合、全然あり得ます。

特に自分で事業をする場合には。

このようなことは現実にあり得ないという方も
いるかもしれません。

でも何かに挑戦するときに成功しても
失敗してもより多くのものを得るという事ってあるんですよ。

(もちろん、許容範囲でのリスクをとった場合ですよ。)

考えてみると、僕も含めて皆、時間という人生最大の資産を
毎日この瞬間に賭けて生きています。

だから、仮に何もせずに何となく生きてしまったとしたら
成功も失敗もしないため期待値はゼロの人生になってしまいます。

いや、時間という大切な資産をその何もしない時間に賭けているので
リターンはゼロでも失った時間の分だけ、期待値はマイナスですよね。

僕らは意識しているか、していないかに関わらず
そんな世界に生きていると思うのです。

しかも、何かに挑戦した場合、それが失敗に終わったとしても
次のチャレンジの成功確率は上がるでしょう。

その失敗から何かを学ぶからです。

これは事業を自分でやる人についてのみ言えることではなくて
誰にでも当てはまることだと思います。

僕はそこまで痛くない許容できるリスクの範囲内で
数多くのプロジェクトを立ち上げて多くの失敗と成功を
繰り返す事が一番賢い方法だと思います。

失敗しても成功しても得るものがあるのであるならば、
即死しない程度に数多くの賽(サイ)をふり続けるのです。

もちろん、こんな人生は疲れてしまいますが
こういった事を意識するのは結構大事なのかなぁと思いました。

皆さんはどう思われるでしょうか?

オンライン海外キャリア相談受付中!オンライン海外キャリア相談受付中!
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒