海外就職を果たす2つの方法〜「海外駐在」と「現地採用」〜

1.海外就職を実現する2つの方法

海外で就職して企業で働く場合、基本的には「海外駐在」と「現地採用」という2つの選択肢があります。まずは海外で働くための2つの方法のメリット・デメリットを知っていただき、あなたはどちらの方法で海外就職を果たすのかを検討していただきたいと思います。

①海外駐在員
②現地採用のスタッフ

それぞれの定義は以下になります。

「海外駐在員」とは日本企業や外資系企業の日本法人に雇用されて、会社命令で海外拠点に赴任している人。

「現地採用」とは現地採用とは、現地の日系企業や外資系企業、現地企業などに直接雇用されている人。

上記の定義を踏まえた上で、あなたがどちらの形態で海外で働くのか?についての結論をいうと、「あなたが現在の職場で海外転勤のチャンスがすぐにはない場合、検討すべきは「現地採用」として海外で働くことになります。」

「海外駐在員」と「現地採用」はどちらも海外で会社員として働くという意味では同じですが、給与や待遇、自由度の面などで両者は大きく異なります。それぞれの特徴について具体的に見ていきましょう。

2.海外就職の2つの形態の特徴

スクリーンショット 2016-06-02 18.37.43

①雇用主

海外駐在は日本国内で雇用され、海外へ派遣されるため、たとえ働いている場所は海外であっても雇用主は日本の国内企業になります。一方現地採用は、求職者は現地の企業に直接雇用されることになるため、現地の企業が日系どうかは関係なく、雇用主はその国の企業になります。この雇用主が日本側になるか現地側になるかによって、給料などの待遇や自由度、仕事内容などは大きく異なってきます。

②給与及び待遇面

まず一番最初に気になるのは給与や待遇面の相違だと思います。これについては圧倒的に「海外駐在員」が有利です。「現地採用」の給与が20万円だったとしても、「駐在員」は日本での給与に加えて海外赴任手当、さらには高級コンドミニアムを会社経費で与えられるケースも多いです。さらには日本の社会保険及び年金積立までしてもらえるとなると、これらの間接的なものを考慮すると「現地採用」の3倍〜4倍程度の報酬の違いが出てくる場合もあります。

③自由度

一方で、海外で働くまでの難易度と自由度を考えると圧倒的に有利なのは「現地採用」になります。「駐在員」は通常、日本で採用され数年から10数年以上同じ会社で働き、日本での実績を評価されたり、自ら手を挙げた社員の中から、会社の方針に従って決められた国に「駐在員」として赴任されることになります。そのため、通常は国を選ぶこともできませんし、タイミングも自分で決めることはできません。しかも希望すれば選抜されるというものでもないため、「駐在員」として海外に赴任するのは一般的に難易度が高く、自由度は低いです。

一方、「現地採用」は現地の企業に直接雇用されることになります。就職・転職活動も現地企業と直接的に行われます。そのため自身で働く国や都市を決めることができます。また、企業側としても企業側の意向で現地に赴任し、なおかつコストがかかる「駐在員」よりも、現地で働くことを前提にして就職を希望してコストも数分の1で済む「現地採用」の方が採用がしやいのが現状です。よって「現地採用」は自分で国や就職先を選べる点、海外で働くチャンスを得る面で難易度が低く、自由度が高いと言えます。

④仕事内容

仕事内容についても「海外駐在員」と「現地採用」では大きく異なります。「海外駐在員」が日本側からわざわざ高い給料をもらって派遣されてきたことを考えると、ほとんどの場合、仕事内容は現地業務のマネジメントや新規事業開発もしくは開発などの特殊な技能が必要となる非常に責任の重い仕事になります。

一方「現地採用」は直接現地企業に雇われることになります。もちろん、わざわざ現地の人よりも賃金が高い日本人を雇うわけですので、日本人でなくてできない仕事を行うことになります。具体的には現地の他の日系企業や現地在住の日本人の顧客への営業などの日本語によるオペレーションや現地のスタッフと日本本社もしくは現地駐在員との橋渡し役などの業務が多くなります。

⑤将来性


「駐在員」と「現地採用」でどちらが将来性があるかという点については、ケースバイケースになります。
ただ仮に、あなたがある特定の企業に雇われ続けることを望むのであるならば、可能であるならば「駐在員」の方が良いでしょう。「駐在員」は現地スタッフや「現地採用」の日本人をマネジメントする立場で日本から赴任しています。2年から5年で日本に戻りそこでキャリアを積む場合も多いですし、現地で業績を上げれば日本側に上位のポストを用意してくれる場合もあるでしょう。あくまであなたの人事は日本国内の本社が管理しています。

3.現地採用で働く人のマインド

スクリーンショット 2016-06-02 18.37.55
一方で「現地採用」は「現地企業」に直接雇われることになります。そのため、あなたがどんなに現地で活躍したとしても、あくまでその「現地企業内」で評価されるのみで、日本の本社内で評価されるわけではありません。したがって日本本社で登用されたり、日本国内にポストを用意されるという可能性はかなり低いです。また一定以上の組織が現地法人内に出来上がっており、日本からマネジメント層が出向する会社の場合、彼らより上のポジションに行けることもまずないでしょう。そのため「現地採用」の多くは現在の企業に勤め上げるというマインドを持っている人は少なく、より有利な条件での転職や独立起業を考える人が多いです。

4.現地採用として働くべきか?「海外駐在」を狙うべきか?

スクリーンショット 2016-06-02 18.31.11
結論としては、あなたが海外で働くことを希望していて、現在の職場で海外転勤のチャンスがある場合は、「海外駐在員」を選び、そのようなチャンスが今の社内になかったり、他の企業への就職や転職を伴ったり、自分の望む国や都市で仕事をしたいのであれば「現地採用」として海外で働くことを選べば良いでしょう。

Posted by 岡本 琢磨(Takuma Okamoto) at 2016年6月2日 7:43 pm コラム
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒