YouTube配信記事:【海外就職】海外就職先で後悔していること

0

こんにちは!
BEYOND THE BORDER アシスタントのペクです!

どんなに楽しく、充実した時間を過ごしたとしても、何かしらの後悔は残るもの。
海外就職をして視野を広げながら、楽しい時間を過ごした私自身も例外なくその一人です。
次に海外就職という挑戦をする方には、過去の私自身と同じ後悔はして欲しくない
そんな思いで日々情報発信を続けています。

ということで、今回は「海外就職先で後悔していること」というテーマでお話をしてみました。
これから海外就職をされる方の参考になれば幸いです。

※この記事は下記のYouTube動画の内容を記事にまとめたものです。

 

もっと積極的にチャンスを掴みにいけばよかった・・・

海外就職をした私が最も後悔していることは、日本では会えないような人に会えるというチャンスを積極的に取りに行けなかったことです。
せっかく自分にとってコンフォートゾーンであるフィリピン・セブを飛び出し、実際にベトナム・ハノイに行く前までは様々なチャンスを掴み取ろうと意気込んでいたものの、新天地での生活がいざ始まるとあまり積極的になれなかった自分がいました。
ここでは、日本人コミュニティ・現地の方々とのコミュニティ両方のお話についてまとめていきます。

 

日本人コミュニティ

海外で働くとはいえ、勤め先が日系企業だったり、日本人が多く住むエリアに住むことになったり・・・
何かと日本人コミュニティにお世話になる機会は多いです。
私自身も日系企業に勤めていましたし、知人や同僚に誘われて日本人コミュニティに顔を出すことがありました。

 

出会いは様々な刺激とチャンスをもたらす

私はあまり日本人コミュニティの中で積極的に人脈を広げることができませんでした。
周囲の方には積極的に日本人コミュニティに顔を出して、人脈を広げている方も多く、手に入れた人脈を活かして、営業活動で結果を出すことはもちろん、よりよい環境に転職をしたり、起業しようとしている人がいたりもしました。
このようなチャンスを積極的に掴み取りに行けなかったことにはとても悔いが残っています。

 

出会いの価値はお金では測れない

国内・海外を問わず、出会いは私たちに様々な刺激や学びをもたらします。
特に海外の場合、何か目的を持って海外に来ている人が多いし、日本では会えないような方もたくさんいます。

現地採用者にとって、日本人コミュニティの飲み会やイベントにたくさん行くと、出費がかさんで大変だという意見も確かに多いです。
しかしながら、出会いはお金では買えませんし、出会いにお金を使うことはひとつの投資と考えることもできるでしょう。

 

現地の方や他の国の方々とのコミュニティ

海外現地でしかできないこととして、現地の方や現地にいる他の国の方々と交流を図ることが挙げられますよね?
せっかく海外就職をして、海外に飛び込んだのなら是非日本人以外のコミュニティにも飛び込んで見て欲しいものです。

私自身も、途中まで国籍を問わず参加できる英語での交流イベントや起業を目指す人同士英語で意見交換をする会に参加したりしていました。
各国の優秀な方々と意見交換ができる貴重な時間で、毎度学ぶことがたくさんありました。
途中で他の勉強で忙しくなってきたので諦めてしまったのが本当に心残りです。

 

もっと現地の言葉に関心を持てばよかった・・・

ベトナム・ハノイではベトナム語圏で生活をしていたものの、会社は英語環境だったため、一見すると現地の言葉は不要なように思いますよね?
実際私もそう思っていましたが、フィリピン・セブに戻ってきて改めて気付いたことがあります。

 

フィリピン・セブで海外インターンをしていた頃の自分自身

フィリピンは基本的に英語で問題なく意思疎通ができる国です。
しかしながら、それぞれの島固有の言語がある場合もあり、私がいたセブの場合はセブアノ語がよく使われています。

当時ももちろん英語を学んでいたので、英語を伸ばしたいという気持ちはあったものの、セブアノ語が大好きだったうえに、セブアノ語を話したときに嬉しそうにしてくれるフィリピン人スタッフさんや講師の先生の様子が嬉しくて、セブアノ語を教えてもらいながら仕事をしたり、友人にセブアノ語をよく教えてもらっていました。

 

ベトナム・ハノイで海外就職を果たした後の自分自身

今振り返ると、「英語で仕事がしたくて海外で仕事をしているんだ」という気持ちが強すぎるあまり、現地語であるベトナム語の習得はセブにいた頃よりも疎かになっていた気がします。
もちろん英語でしっかりと心を開いてもらえるよう努力をし、現地語ができなくても関係構築をすることはできました。
しかしながら、現地語を習得することで、「相手を尊敬・尊重している」という気持ちを見せることができるとも思うので、もっと現地の言葉であるベトナム語に関心を持って取り組むべきだったと後悔しています。

この気づきは、実際またフィリピン・セブに戻ってきて、外出先で出会った方や友人にセブアノ語で声を掛けるとすごく嬉しそうにしてくれたことで改めて気づきました。

 

もっと誰かと思いを共有すればよかった・・・

日本人コミュニティがあることって、何か辛いことや困ったことがあったときに誰かにシェアができるというメリットがある一方、コミュニティが狭いことで、すぐいろいろな話が回ってしまったり、トラブルが起こると修復しづらいというのがデメリットになりうると思っています。

私自身コミュニティ内でのトラブルを恐れるあまり、辛いときや思うところがあるときに、周りにシェアすることができませんでした。
自分の内なる思いを溜め込み過ぎて、限界まで達してしまっていた時期も正直ありました。
その状況に陥って初めて、趣味の仲間や親しい友人に自分の想いを吐き出したところ、みんな「なんで今まで言わずに我慢していたの?」というような反応でした。
いろいろな想いを共有できる仲間をちゃんと見つけて、シェアすることで様々なことを乗り越えていくことが大事だと改めて思いました。

どんなに恵まれた環境にいたとしても、仕事をする中で困ったことが起きたりしますし、愚痴を言いたくなることもあると思っています。
限界まで溜め込んで我慢する前に信頼できる人をきちんと見つけて、吐き出していくべきだったと感じています。

 

まとめ

今回は実際にベトナム・ハノイに就職した私が「海外就職先で後悔していること」というテーマでお話をしてきました。
私個人の性格の問題もあるので一般論ではないかもしれませんが、私自身の経験が少しでも皆様の参考になりますと幸いです。

私自身の体験について、岡本さんより下記のようなコメントを頂きました。

今回はもっと積極的に日本人・現地の方を問わず、人間関係を構築すべきだったというのが中心だったと思います。海外では、日本では会えないような人と仲良くなれる面があり、上手に人間関係を構築できればすごくプラスになることが多いです。一方、現地の日本人社会の狭さが故に、一度その人間関係でトラブルを起こすと復帰するのが難しいという面も確かにあります。国内外問わず、就職や転職の失敗の原因ナンバーワンは人間関係です。上手く人間関係を構築し、充実した日々を過ごしたいですよね。
海外就職のメリットのみならず、デメリットについても知って頂いた上で海外就職に臨んで頂ければと思っております。
これまでも他の記事や動画でお話をしてきておりますので、ご覧頂ければと思います。

 
今後もこちらのチャンネルで海外での働き方や頂いたお悩みについてお伝えしていきます。
お見逃しなく!

また、キャリアや海外就職に関する相談やその他海外就職に関する情報についてメルマガで発信しています。
こちらのメルマガに登録して下さった方にはSkypeで無料相談も受け付けております。
メルマガ登録はこちらから!
※ご登録頂いた方には全13回の無料動画「海外就職のはじめ方」とアジア海外就職に役立つe-Books6冊もプレゼント中!

▼セブ英語留学&キャリアデザイン▼
フィリピン・セブ英会話スクールCROSS×ROADの海外就職準備コース

About Author

Jiyoung Baek

セブ留学がきっかけで東南アジアの虜に!! フィリピン・セブでの海外インターンを経て、ベトナム・ハノイで海外就職。約2年に渡って大好きな東南アジアで働きながら、旅をする生活をしていました。 現在は自身の海外経験を基に、旅するインタビュアーとして海外で活躍する方々を取材し、「海外で働くとは」について発信することで、海外で働きたいけど一歩踏み出せない方に挑戦のきっかけを作るべく奮闘中。 どんなときもアジアの眩しい陽射しのような笑顔を忘れず、頑張っています! 日々大事にしていること「やらない後悔よりやって後悔、何でもやってみる!」

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント