YouTube配信記事:これから就職・転職するあなたへ〜キャリアの基本的な考え方〜

0

こんにちは!
BEYOND THE BORDER 海外キャリアコンサルタントの岡本です!

突然ですが、この記事をご覧の皆さんに質問です!

皆さんは何のために仕事をしているのでしょうか?
そもそも「仕事」って何なのでしょうか?

これらの質問は、一見抽象的でよく分からない質問かもしれませんが、とても基本的で大切な質問です。
また、人によって答えはもちろん異なると思いますが、この質問から就職活動や転職活動に大切なことが見えてくると思います。

今回は上記の問いを考える上でも有用な、キャリアの基本的な考え方についてお話をしていきます。

※この記事は下記のYouTube動画の内容を記事にまとめたものです。

 

「働く」とは?

今回はあくまで僕が考える大枠にはなりますが、キャリアの基本的な考え方についてお話をしていきます。
下記の図は、個人レベル、業界・企業レベル、社会レベルで考えたときに、それぞれが抱えている課題や考えを示したものです。

まずは、個人レベルと業界・企業レベルに着目して下さい。
個人レベルに属する求職者の方が、企業に対してスキルや労働力、時間を提供して給与を得ることが「働く」ということです。

次に、業界・企業レベルと社会・国レベルに着目して下さい。
社会・国レベルに対して、企業がサービスを提供して利益を得ること企業活動になります。

「就職活動」とは?

先程は概要として、少し大きな枠で見ていましたが、もう少し中身を見ていきましょう。
※念のため、下記の図を再掲致します。

社会・国レベルでは様々な変化が起こっています。
例えば、人口動態の変化。
日本では少子高齢化が起こっており、国によっては人口がどんどん増えていますよね?
他には、グローバル化、AIやロボットテクノロジーの進化といった大きな変化もあります。

上記のような社会・国レベルでの大きな変化が業界・企業レベルに大きな影響を与えており、それによって企業の経営課題が生まれます。
例えば、少子高齢化により縮小する業界がある一方、伸びる業界もあるといった具合です。
変化が起こると、何かしらの経営課題が発生し、そこに人材ニーズが生まれるという構図になります。

「どういう人材が欲しい」、「どういう人材が足りない」といった人材ニーズに対して、個人レベルでそれに合わせて自分のスキルや経験を売り込むというのが就職活動です。

個人レベル、業界・企業レベル、社会・国レベルで相互に影響し合っているのです。
結局就職活動とは、「今後どのような変化が起きるのか」、「現在どのような変化が起きているのか」をしっかりと理解した上で、企業はどのような人材が必要なのかを考え、それに合わせて個人のスキルや能力をアピールするものということになります。
また、今後自分が「どのように生きていきたいのか」ということも、これから社会でどういう動きが生まれ、どういう人材が必要になるのか、自分が理想とする働き方を考えていくことが非常に大事だと思います。

就職活動にあたっては、就職活動が企業の人材ニーズと求職者のWILLとCANを一致させることであることを意識して、選考に臨むかどうかで結果は全く変わるということを覚えておいて下さい。

 

まとめ

今回はキャリアの基本的な考え方というテーマでお話をしてきました。

ポイントとしては、就職活動は個人のウィルとキャンと会社のマストを一致させるものであることを理解して頂きたいと思っています。
また、本記事でご紹介した図については、覚えてしまうぐらいご覧頂ければと思います。

 

今後もこちらのチャンネルで海外での働き方や頂いたお悩みについてお伝えしていきます。
お見逃しなく!

また、キャリアや海外就職に関する相談やその他海外就職に関する情報についてメルマガで発信しています。
こちらのメルマガに登録して下さった方にはSkypeで無料相談も受け付けております。
メルマガ登録はこちらから!
※ご登録頂いた方には全13回の無料動画「海外就職のはじめ方」とアジア海外就職に役立つe-Books6冊もプレゼント中!

▼セブ英語留学&キャリアデザイン▼
フィリピン・セブ英会話スクールCROSS×ROADの海外就職準備コース

Share.

About Author

岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント