日々雑感

その仕事の先に何を見据えるのか?

今回、マレーシアのクアラルンプール(KL)で
僕らの学校の卒業生で友人でもある圭亮さんの家に訪問してきました。

現地採用でクアラルンプールに海外就職を果たした
圭亮さんに再会するのは約2ヶ月ぶり。

再会するのをとっても楽しみにスタッフのけんちゃんと
KL郊外にあるモントキアラにある家にいきました。

そして、、住んでいるコンドミニアムを見てビビりました!

22階にある豪華な部屋は140平米もあり、
大きなリビングルームにベッドルームが3つもある!

そこに一人で住んでいるんですよ!

前任者の部屋を引き継いだだけとのことでしたが、
専用の設備として、テニスコート4面、トレーニングルーム、プール2つに
卓球場、体育館、スカッシュコート、日本庭園まであり、なんじゃこりゃ!!
という場所に住んでいました(笑)。



とまぁ、ここまではどうでも良いのですが(良くはないけど)、
圭亮さんとけんちゃんと3人で夕食(しかも寿司!)を
とりながらいろいろな事を話してきました。

その中で印象に残った事は、圭亮さんは目の前の給料や
こういった恵まれた住環境といったものではなく、
その先のものを見ているということ。

・このマレーシアという環境で何を得る事ができるのか?
・どうすれば英語をもっと使い成長できるのか?
・自分は前任者と異なるどのような価値を提供できるのか?
・3年後、5年後どのような未来を実現したいのか?

もちろん、まだ働き始めてからたったの3週間しか
経っていないのですべてはまだまだこれからです。

もちろん、全部が順調なわけでもなく、色々な課題も抱えているとのこと。

でも、慣れない異国の地で英語を使い、全くこれまでと畑違いの
人事・総務のマネジャーという立場で仕事をスタートしつつ、
自分の成長や未来について考えています。

誰がみているかわからないのであまり詳しくは書けないけど
3年から5年後、今よりもすごく大きな人になっていると思います。

一方で、目の前の待遇や給料に満足をして歩みを
止めてしまっている人もいます。

それが悪いとは言いません。

いや、僕もそういう面が多分にあって、すぐに現状維持に堕してしまいます。
(いや、むしろ退化しているのかも、、反省。)

ただ、彼のような意識で仕事をスタートさせ続けている人には
勝てないなぁと思いました。

仕事を選ぶとき、そして、今の仕事をする時には
給料以外でその仕事から何を得られるのか?を考えるべきかもしれません。

圭亮さん、次の目標は英語を話す彼女をゲットすることですね(笑)!とのこと。

海外就職、上々のスタートを切れたみたいなので安心しました。

圭亮さん新たなスタート楽しみながら頑張ってください!

オンライン海外キャリア相談受付中!オンライン海外キャリア相談受付中!
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒