日々雑感

人は環境で作られる。 そして環境は自分で作らないといけない。

人は環境で作られる。
そして環境は自分で作らないといけない。

最近、そう思います。
完全に自戒の意味を込めて激しくそう思います(苦笑)。

自分は生来の面倒くさがり屋。

サボろうと思えばいくらでもサボる事ができます。
(ちなみに嫁のミユも同じ性格を持ち合わせています。)

それは単純に楽をするというわけでもなくて。
要は日常に感ける(かまける)という状態になってしまうわけです。

いや、ただ怠惰に過ごしているという噂もありますが(笑)。。

セブの英語学校は優秀で素晴らしい皆様に支えられて
本当に本当にありがたい事に僕らいなくても良いわけです。

いや、僕らいない方がしっかりやってくれる気がする。。

そんなわけで色々と次の準備をしていますが
ここは生来の面倒くさがり屋と追い詰められないと動けない
という性格を有しているため、なかなか思った通りに進まない。。

初めての事に挑戦しているということもあり、
エネルギーのかけ方や集中力の割り振りが
よくわかんないという側面もあるのですが。

それも完全に言い訳ですけどね。

僕もミユも完全に追い詰められないと力を発揮しない性格ですが
逆に追い詰められるとある程度の力を発揮するわけです(たぶんするはずです。)。

最近、2歳半になる息子の様子を見ていても
人は環境で作られるなぁとつくづく思います。

なんと言っても彼、完全に今バイリンガル状態で
単語は英語と日本語ちょうど半分くらいです。

大好きなおやつを食べてしまうと
僕らには「もうないね〜。」と言いますが
ハウスキーパーには「No more.」とい言います。

いや、環境の力ってすごい!素晴らしい!

うちの息子、フィリピン人まっしぐらです(苦笑)。
(僕らはフィリピン・セブ在住です。)

子供は自分で環境は作れません。
それを作るのは親の務めです。

だから息子には最高の環境を与えてあげたいと思います。

でも僕ら大人は自分で自分に最適な環境を作る責任があるように感じました。
いや、自分がちゃんとできているなんて言っていませんよ。

でもそれは大切な事なんだと思います。

人は環境で作られる。
そして環境は自分で作らないといけない。

そう自戒して、今色々と環境を整えようと動き出しました。

・早起きをしよう(3日で挫折)。
・英語を勉強する環境を作ろう(これから)。
・JETROの有料会員になって毎日ASEANのニュースをチェックする(これは実行済み)。
・真面目に情報発信をしよう!(なんとか継続中。)

それからそれから、、

ここでは書きませんが、色々と考えて準備をしているところです。

やらざるをえない環境を作るのは大切ですね。

怠惰な性格の自分でもきちんと動けるように
少し自分を追い込まないといけないなぁと思いました。

皆さんは自分にとって良い環境を作っていますか?

オンライン海外キャリア相談受付中!オンライン海外キャリア相談受付中!
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒