転職エージェント訪問記:【ベトナム・ホーチミン】リーラコーエン

0

リーラコーエン・グループ

HPはこちら

リーラコーエンは2011年にシンガポールを皮切りにアジア全土に進出。 2019年7月時点で、10か国20拠点に拡大している。全拠点に日本人スタッフを常駐させるとともに、スタッフもローカライズすることで各国のニーズに合わせた人材提供をしている。

 

リーラコーエンが展開する海外就職HPであるABROADERS

 

リーラコーエン・ベトナム(ホーチミン事務所)

リーラコーエン・ベトナムの3つの強み

  1. 日本人の就職に力を入れている 常に200件の求人を持っている
  2. 外資の開拓に力を入れている
  3. ベトナム人の高度人材の日系企業への紹介

 

今回のインタビューをさせていただいた山士家 彩氏

山士家 彩さん プロフィール
新卒でネオキャリアに入社し、タイ・オフィスに赴任後、ベトナム・チョンブリのオフィスに異動となり、拠点長を経験。その後、ハノイの拠点長を歴任したのち、ホーチミンの拠点長として現職。

 

まだ25歳とのことですが、拠点長として海外でご活躍すごいですね!どのようなビジョンをお持ちなんでしょうか?

 

いえいえ、そんな。。私は特に長い目線のビジョンはないんです。今の目の前の仕事をがむしゃらにこなしていけば、いずれビジョンは見えてくると思っているタイプで。

ただ、とても負けず嫌いな性格で、周りのすごい方に負けないようにやっていたら、今のポジションになっていました。

 

謙虚ですね。笑。本日はよろしくお願いします。

 

よろしくお願いします!

 

ベトナムにおける日本人の就職状況

 

まずは、どのような日本人の方がベトナム就職に挑戦できるか教えていただけますか?

 

まず年齢ですが、幅広い年代の方が挑戦可能です。ただ、20歳、30歳代の方は特にニーズが多いですね。それ以上の年齢の方でいうと、例えば製造管理等の経験があれば多くの求人があります。

 

なるほど。語学の面ではいかがでしょうか?

 

ある程度の英語力かベトナム語ができると良いですね。ただ、そこまでの語学力は求められません。TOEICで言えば、400点ほどあれば挑戦できますが、700点以上あれば選択肢もかなり増えますね。

ただ、専門的なスキル等があれば、語学不問のポジションもあります。例えば、工場長などのポジションであれば、周りにベトナム人の日本語人材がいるケースもあり、必ずしも語学は求められません。

 

労働ビザの発給状況はどのようになっていますか?

 

一般には、大卒かつ3年以上の就業経験が必要とされていますが、そうでなくても通るケースもありますね。

 

どのような業界や職種で求人がありますか?

 

弊社の求人状況ですが、以下のようになっています。

 

業界でいくと、製造業、IT系および販売子会社・商社系、サービス業、さらには専門職系の仕事などがバランスが良いと思います。職種でいうと、製造業やITエンジニアの仕事や営業・カスタマーサポートなどの仕事が多いですね。

また、地域別に見るとハノイとホーチミンが半々で全体の95%ほどを占めています。

 

 

 

ホーチミンの生活状況

ホーチミンでの生活はどうでしょうか?

 

全体的な物価も安いですし、何より食事は美味しい上に安いです。家賃相場は400USドル〜500USドルとなっていて、新卒なら基本的に日本より貯金ができるのではないでしょうか。

 

生活で大変なところってありますか?

 

快適すぎて悪いところが見当たらないですね。。強いて挙げると交通量、特にバイクが多いので歩くのが怖いところでしょうか。後は、友人・家族と離れ暮らすので寂しさ、孤独を感ずることはたまにありますね。笑

 

ベトナム人と仕事をすることはどうですか?

 

ベトナム人は仕事に関する責任感、意欲もありますし、提案もしてくれまし働きやすいと思います。

 

これから世界を舞台に働こうと思う方へのメッセージ

これから世界を舞台に働こうと思う方へメッセージをお願いします。

私は、本当に普通の大学生でしたし、元々、人材業界に行こうとも思っていなかったんです。でも、東南アジアに出てきて、がむしゃらにやることで、やりたいことも見つかってきました。

チャレンジできる環境は東南アジアにたくさんあります。ここに飛び込むことで、思ってもいなかった世界があることも知ることができますし、知らなかった自分の能力がわかることもあると思います。

もし、悩んでいるなら、たとえ英語を話せなくても東南アジアに出てきてもよいと思います。

 

まとめ

ホーチミンで40名規模の人材紹介会社をまとめる山士家さんの年齢はなんと25歳。若いながら海外で頑張る彼女を見ていると、ベトナムで働くことは、若くても能力と意欲がある人にとってはとてもチャンスがあるとなぁと感じます。伸びゆく東南アジア、特にベトナム市場で活躍する人が増えてほしいと思いました。

Share.

About Author

岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント