ベトナム就職

バイク王国として有名なベトナム!! 今回はベトナムのカルチャーショック満載なバイク事情を紹介します。

こんにちは。
元ベトナム在住者こと、向日葵猫です。

ベトナムにやってきて真っ先にびっくりするのは、やはりバイクの多さではないでしょうか。車や自転車よりもバイクが人々の足になっており、道路がバイクで埋め尽くされるほどバイクだらけなのには誰もが驚くと思います。

また、ベトナムのバイク事情で日本ではありえないことやカルチャーショックの度を越しているようなことが日常茶飯事起こりますし、そのような面を見られるのは面白さや新鮮さを感じたりします。

今回は、そんな奇想天外なベトナムのバイク事情についてお話しします。

1. ベトナムは車よりバイクが断然便利で経済的!?

結論から言いますと、ベトナムは車よりもバイクの方がずっと便利で経済的です。
ベトナムにはバイク1台がやっと通れるようなヘムという細い小道がまだまだたくさんあり、そのような小道沿いに住んでいる人もかなりたくさんいるため、バイクであればヘムを通るのにてこづらないし、駐輪も自宅内で容易にできます。
車の場合は、ヘムに入れないためヘムの入り口の手前で止まらないといけないし、駐車でも場所をとりますので、ベトナムではコンパクトでちょこまか動けるバイクの方が便宜がいいのです。
また、車は車自体だけでなく車にかかる税金も高いため、車を持っている人はお金持ちとみなされます。バイクは車に比べれば本体も税金も断然安いので、ベトナム庶民の金銭事情から見ても必然的にバイクの方が愛用されることになります。

2. ベトナムの通勤ラッシュは「満員道路」、国民的イベントでは「バイク天国」。

日本の通勤手段といえば「電車」ですが、ベトナムでは「バイク」が王道の通勤手段です。そのため、朝の通勤ラッシュはまさに日本の「満員電車」にちなんで「満員道路」と呼べます。ラッシュの時間帯はクラクションがあちこちで鳴り響き、警察も各道路で交通整備をしています。この時間帯の運転はいつも以上に気をつけないと、事故に遭ってしまったりインチキ警察に止められたりすることがありますので要注意です。
ハロウィンや大晦日のカウントダウンなどのイベントでは、あちこちの道路で「歩行者天国」にちなんで「バイク天国」になります。これがベトナムのとても不思議な一面なのですが、道路が人の通る隙間もないくらいバイクですし詰めになり、通行禁止のような状態になります。しかも、クラクションの響き様もすさまじいので騒々しいことこの上ないです。さらに、イベント終了後の道路もものすごい混みようで、1時間くらい全く進めないのはザラです。
私も過去に大晦日の仕事を終えてカフェでくつろいでから帰宅しようとしたら、バイク天国にはまって帰れなくなって多くの市民と一緒にカウントダウンの花火を見ることになり、イベント後15分くらいで帰宅できるところを1.5~2時間くらいかけて帰る羽目になったことがあります。イベントがあるときはまっすぐ帰宅して、参加する場合は徒歩で行ったほうが断然速いです。

3. 子供は乗車人数に入れない⁉

日本では家族で使う乗り物といえば「車」ですが、ベトナムでは「バイク」がその役割を果たしています。しかも、乗り方も超ワイルドで父親が前に乗って母親が後ろに乗り、子供がいる場合は父親の前に立ったまま乗せたり、父親と母親の間に挟むように乗せます。もちろん乗せる子供の年齢制限はありますが、子供は乗車人数としてカウントされず、一番前に末っ子を乗せて父母の間に一番年上の子供を乗せているのはベトナムでは当たり前の光景です。家庭によってはレストランにあるような子供用椅子をチャイルドシート代わりにして自分の子供を乗せているというケースもあります。

4. バイクには荷物積み放題、むき出しは当たり前!?

ベトナムではバイクの荷物の乗せ方に規則はほぼなく、車体から思いっきりはみ出ても違反ではありません。日本では上下〇〇cm以内や左右〇〇cm以内などといった法律がありますが、その法律を当たり前と思ってきた人にとってはビックリの一言では済まないような荷積みっぷりを目の当たりにできます。
しかも、そのように自由度が高いおかげかバイクに積んでいた荷物が路上に落下して笑いそうなくらい悲惨な状態も見られたりします。過去に瓶入りの飲み物がたくさん入ったケースが地面に落ちて飲み物がほとんど台無しになっていたのを見たことがありますが、路上で炎上していたバイクのパーツも見たことがありますので、運転の際には前後左右だけでなく路上に落ちているものにも注意したほうがいいです。割れた瓶の大きな破片を踏んでパンクするのは無きにしも非ずですし、そうなっては洒落になりません。

5. 歩行者のために一時停止はあり得ない!?

ベトナムは日本と違って「歩行者優先」という概念はありませんので、歩行者のために一時停止することはないです。また、バスやトラックなどの大きい乗り物が優先で歩行者の優先度は一番低いため、バイクに限らず車やバスなども歩行者のために止まることはまずないです。そうなると道路の横断の仕方が非常に気になるところですが、同じスピードでゆっくり渡るとバイクが歩行者を避けて走りますので道路を渡れます。車やバスなどが来ている場合は通り過ぎるまで待たないといけないですが、バイクが通り過ぎるのを待っていたらいつになっても渡れませんので、バイクのことは気にせずに横断しましょう。
ベトナムに慣れていない場合は、他のベトナム人と一緒に渡ると安心して道路を横断できます。私も初めて来たときはびっくりしましたが、意外にもすぐに渡れるようになります。

6. 交通事故は人と人がすれ違うレベル並みに軽傷!?

ベトナムでは走行速度が遅いため、バイク同士やバイクと歩行者との接触事故は軽傷で済むことが多いです。トラックと衝突したら話は別ですが、バイク同士やバイクと歩行者の事故は擦り傷などを負ったり、ひるむ程度の被害で終わるパターンがほとんどです。そのため、歩行者がひるんだ隙に財布を盗むという手口がありますので十分注意が必要です。
私はバイク運転中に車に後ろからぶつかられたことがありますが、やはり速度が遅いためか横転して足の親指を骨折する程度で済むほど軽傷だったので、バイクと一緒に路肩に運ばれてそのまま逃げられてしまったことがあります。怪我が軽いがために相手に逃げられて治療費を自腹切るというケースも往々にしてありますので、いずれにしても交通事故には十分注意が必要です。

7. 警察による交通の取り締まりがかなり雑で疑問だらけ!?

ベトナムの緑色の服を着た警察官は割とまともですが、肌色の服を着た警察官はぼったくり罰金をする警察官がほとんどです。しかも、肌色の服を着た警察官は交通の取り締まりがかなり雑で、大きな交通違反をしている運転手をスルーしてウィンカーの表示が数秒遅れた運転手を捕まえているというおかしなことが起こったりします。
私も(違反行為ではない)右折をしただけで肌色服の警察官に止められたことがありますので、この警察官の言うことはまともに受けずひたすら日本語をしゃべってかわしていました。肌色服の警察官の言うことは真に受けずに、不正罰金をあきらめさせるコツを身に着けておいた方が賢明です。

まとめ

いかがでしたか。

ベトナムの驚きとカルチャーショック満載なバイク事情を紹介しましたが、こういった事情を把握しておくとベトナムの交通事情で気を付けるべきことなどが見えてきますので、ぜひ参考にしてみてください。

以上、向日葵猫でした。

 

HimawariNeko

元ベトナム在住者の向日葵猫です。 現在はドイツのベルリンでフリーランサーとしてお仕事しています。