【海外勤務の衣食住】ホーチミンでおすすめの不動産会社を紹介します。

0

こんにちは。
元ベトナム在住者こと向日葵猫です。

どこで暮らすにしても住居などの生活基盤の事情は気になるものですし、海外移住となればなおさら不安や心配の種になるものです。

ベトナムは物価が安いと言われていますが、住居や光熱費などは比較的高く、住居のタイプもピンキリで高価な物件だと数十万円したりすることもあります。もちろん数万円程度の安価な物件もありますが、そういった物件は人気が高かったり、場所があまり便利なところではないということもありえます。

また、言語の壁も出てきますのでベトナム語はおろか英語もあやふやとなってしまうと余計不安になってしまいますし、自分自身が英語堪能でも家主側が英語が苦手ということもありますので、ミスコミュニケーションでお互いに話の内容や契約内容などを誤解してしまうということも起こりえます。

こういう現地の住居事情に詳しくてトラブルの回避に心強い存在がいると安心しますよね。ベトナムには、そういった日本人対応や日本語対応の不動産会社がたくさんありますので、こういう会社はベトナム在住者の強い味方になってくれます。ここでは、ホーチミンのおすすめ不動産会社を紹介します。

 

ホーチミンでおすすめの不動産会社

1. アオザイハウジング

アオザイハウジングは住まいの物件からオフィス用物件まで取り扱っていて、賃料の高い物件だけでなく300~400米ドル代の安価な物件も多くあります。日本人スタッフや日本語を話せるベトナム人スタッフも常駐していますので、英語を話せなくても安心して利用できます。私もこの会社を利用しましたが、メールで物件の希望条件を述べたうえで相談したときに、条件に適した物件をいくつか紹介してもらえました。内覧や契約締結の際にもきちんと同行して物件の詳細や契約条件を日本語で一緒に確認できますので、きちんと吟味して納得したうえで住居を決定できます。また、契約更新の際にも必ず同行してくれてかなり安心できましたので、とても心強くておすすめの会社です。

 

2. ドラゴンハウジング

ドラゴンハウジングも有名な不動産会社で、住居物件からオフィス物件まで幅広く取り扱っています。物件数もそこそこありますし、安価な物件もあるうえ、ウェブサイトも日本語で表記されていますので言葉の障害を考えずに安心して住居探しできます。ビジネス的な面では、オフィス物件だけでなく店舗スペースや工場の賃貸も仲介しているので、ベトナムで事業をしたり支社などを造りたい人にとっても心強い存在になってくれます。

 

3. ベトナムハウス

ベトナムハウスもメジャーな不動産会社で、住居物件からオフィス物件まで幅広く扱っていますので個人向けにも法人向けにも物件を紹介してくれます。住まいの物件に関しては、月の家賃が最低500米ドル以上のものが多くてキッチンの設備までついている物件が多いですので、設備の内容にこだわりたい人にはぴったりの会社だと思います。物件数もかなり多いので、比較的住まいを探しやすいと思います。ウェブサイトが日本語対応なのはもちろん、日本人スタッフもいますので安心して利用できます。

 

4. レタントン不動産

レタントン不動産はSKETCHという日本人用雑誌にも載っていますので、安心できる不動産会社です。この不動産会社も住宅物件からオフィス物件まで扱っていますので、個人向けにも法人向けにも利用できます。この会社の魅力はアフターサービスなどのきめ細やかなサポートです。入居から退去までトータルでサポートしてくれるうえ、インターネット回線の故障などの緊急トラブルや滞在登録のお手伝いまで対応してくれるので、海外生活には大変心強いです。

 

5. レオパレス21 ホーチミン店

レオパレス21はアジア諸国に支店を出しており、ベトナムにも支店があります。住宅物件もオフィス物件も取り扱っており、物件の掲載数も多くて充実しています。住宅物件の賃料は比較的高めですが、内装がキッチンや家具までしっかり行き届いているだけでなくジムやプールの設備までついている物件が多々ありますので、リッチな生活を送りたい方にはおすすめの不動産会社です。ホーチミンだけでなくハノイにも支店がありますので、ハノイでお仕事するときにも候補に入れたい企業です。

 

6. STARTS ホーチミン店

STARTSも有名な不動産会社ですが、アジアから欧米まで支店があり、ベトナムにはホーチミンとハノイに支店があります。住居物件からオフィス物件まで取り扱っており、住宅物件の賃料は500米ドル以上のものが多いです。現地の物件紹介だけでなく、海外赴任や海外進出のサポートまで行っていますので、初めての海外勤務でも日本出国前から現地の物件を探せたり、日本帰国後も日本での物件探しをサポートしてくれます。そのため、初めから終わりまできちんとサポートを得たい方にはおすすめの不動産会社です。しかし、国によって海外勤務に関するサポートを対応していないところもありますので、事前に問い合わせして確認することをお勧めします。

 

7. エイブルネットワーク ホーチミン店

エイブルネットワークもアジア諸国に多数支店があり、ベトナムにはホーチミンとハノイに支店があります。この不動産会社は住宅物件をメインに扱っており、賃料500米ドルを下回る安価な物件もあります。掲載物件数が少ないのが難点ですが、複数の不動産会社と併用して家を探すと効果的です。ホームページにはお部屋探しの流れまで詳しく説明されていますので、初めてのベトナム生活でも安心して利用できます。

 

8. コスモス不動産

コスモス不動産もホーチミンに支店を置いており、住宅物件をメインに取り扱っています。賃料は1000米ドル以上の物件が多く、家具や設備がしっかり行き届いていますので入居してすぐに生活をスタートできるのが嬉しいポイントです。掲載物件数が少ないのが難点ですが、立地条件がかなり良い物件が多く、日本人が暮らしやすいエリアにある物件を主として紹介していますので、他の不動産会社と併用してお部屋を探すのにはいいと思います。

 

9. RESS不動産

RESS不動産は住宅物件からオフィス物件まで取り扱っており、日本語対応可能なので大変心強い存在です。住宅物件は賃料が550米ドル以上のものが多いですが、掲載物件数は少なくないので比較的利用しやすいです。また、この不動産会社は日本人オーナーの賃貸物件も扱っていますので、ベトナム人のオーナーだと不安な場合にも対処してくれるのが魅力的で嬉しいポイントです。

 

10. エヌアセットベトナム

エヌアセットベトナムはホーチミンに支店があり、住宅物件をメインに取り扱っている不動産会社です。賃料は550米ドル以上のものが多いですが、家具や設備がきちんと行き届いている物件が多いため、初めての海外生活だと安心できるポイントが多いです。この会社は物件を借りるだけでなく、物件の購入に関しても対応していますのでホーチミンで住居の購入を検討している場合でも利用できます。賃貸物件のビジネスを行っている会社が多い中で、物件の売買を行っている会社はなかなかないので、その点もこの会社の魅力だと思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

海外生活で住居の問題は不安なポイントのひとつですが、ベトナムには日本語対応や英語対応の不動産会社が多いので、安心してベトナム生活を送れる環境が整っています。

しかし、ベトナムは急速な発展のため家賃も含め物価が上がっているという問題もありますので、ホームページに載せられている情報が最新でないことが多々あります。

そのため、各不動産会社のホームページの内容を鵜呑みにせず、電話や問い合わせフォームなどからきちんと問い合わせをして、会社のスタッフの方に直接お部屋探しの相談をするのがベストです。

この記事がベトナムでの住まい探しの参考になれば嬉しいです。

以上、向日葵猫でした。

 

Share.

About Author

HimawariNeko

元ベトナム在住者の向日葵猫です。 現在はドイツのベルリンでフリーランサーとしてお仕事しています。

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント