ベトナム料理はフォーだけじゃない!ホーチミンのおすすめ名物料理7選

0

こんにちは。
元ベトナム在住者こと向日葵猫です。

ベトナムの名物料理といえば「フォー」と答える方が多いと思いますが、厳密に言うとフォーはハノイの名物料理なんです。
もちろん、他にも有名なベトナム料理はたくさんありますし、ホーチミンにも多くの名物料理があります。

今回はホーチミンの名物料理をメインに紹介していきますので、ホーチミン観光や暮らしの参考にしてみてください。

 

ホーチミンおすすめの名物料理7選

ご存知の通り、ホーチミンはベトナム南部の都市ですので、ホーチミンの料理はベトナム南部料理とも呼ばれます。
ホーチミンにはぜひトライしてみたいおいしい南部料理がたくさんありますので、一つ一つ紹介していきます。

(1) 南部料理の定番、フーティウ(Hu Tieu)またはフーティウコー(Hu Tieu Kho)

ハノイの定番料理が「フォー」ならば、ホーチミンの定番料理は「フーティウ」です。
フォーはフィットチーネのような麺が使われていますが、フーティウは春雨のように透明でもちもちしているのが特徴です。
この料理は汁ありと汁なしの2種類あり、汁なしの料理はフーティウコーと呼ばれます。
どちらのタイプもとてもおいしいですので、ぜひ両方トライしてみましょう。

 

(2) 本場はホーチミン、生春巻き(Goi Cuon)

生春巻きも有名なベトナム料理ですが、ホーチミンが本場です。
パクチーなどの香草や海鮮類などをライスペーパーで包んだ料理ですが、付属の甘辛いタレにつけて食べると海鮮類のぷりぷり感とさっぱりした味わいが口いっぱいに広がります。
ベトナムに来たら、ぜひ食べてみたい逸品です。

 

(3) ベトナム版お好み焼き、バインセオ(Banh Xeo)

ベトナムにもお好み焼きがあり、日本のお好み焼きとはまた違った特徴があります。
バインセオというこの料理は、形がオムレツに似ていて生地がパリパリしているのがポイントです。
生地のパリパリ感とたっぷり入った具材がベストマッチで、ホーチミンに来たらぜひ食べてみたい南部料理のひとつです。

 

(4) ベトナム版たこ焼き、バインコット(Banh Khot)

ベトナムのたこ焼きこと、バインコット
日本のたこ焼きはご存知の通りタコが入っていますが、ベトナムのたこ焼きはエビがのっています。
たこ焼きというよりエビ焼きですね。
エビのぷりぷり感とふっくらした生地の相性が絶妙で、何個でも食べられるほど病みつきになります。
ホーチミンに来たらぜひお試しあれ。

 

(5) 一度食べればやみつき、フォーボーコー(Pho Bo Kho)

フォーはハノイの料理といいましたが、ホーチミンでももちろんフォーは食べられます。
しかし、このフォーボーコーという料理はただのフォー料理と思うことなかれ。
ボーコーとはベトナム版のビーフシチューのことで、さっぱりしたスープのようであるのが特徴です。
このボーコーにフォーの麺が入った料理のことをフォーボーコーと呼びます。
麺とボーコーの相性がベストマッチで、一度食べれば病みつきになるほどの絶品です。
旅行者にも大人気のベトナム料理でフォーボーコーで有名なローカルレストランもあるほどですので、ホーチミンに来たらぜひトライしてみましょう。

 

(6) ベトナム版焼肉、ヤギ肉ことヴーゼーヌング(Vu De Nuong)

ベトナムのB級グルメとして、ヤギ肉の焼肉があります。
中でもぜひ食べてみたいのが、ヤギのおっぱいの肉
この肉はコリコリした食感が特徴で、付属のタレやチャインコーティウ(chanh co tieu)というレモン汁がかかった塩コショウにつけて食べるととてもおいしいです。
私も住んでいた時に何度も食べていましたが、ベトナムのローカル料理の中でも一番おすすめです。
ホーチミンに来たら、これを食べずして帰ってはもったいないほどの逸品です。

 

(7) 女子旅にはうってつけ、花鍋ことラウホア (Lau Hoa)

ホーチミンは常夏の国にもかかわらず、鍋料理は1年中人気です。
特に、ホーチミンの女子の間で流行っている高級な鍋料理が花鍋ことラウホアです。
ベトナムでは香草などの葉っぱ類を普通に食べますが、お花も食べます。
お花を使った鍋というだけでおしゃれですし、見栄えもきれいで味もおいしいので、目でも舌でも満足できる逸品です。
女子旅をする際にはグルメ料理として旅行プランにぜひ入れたいものです。

 

ホーチミン料理を楽しむのにおすすめのお店や通り

おすすめのベトナム南部料理を紹介しましたが、どのお店に行けば各料理を堪能できるか知りたいものですね。
ここでは、おすすめのローカルレストランや通りなどを紹介していきます。

(1) フーティウの老舗、Hu Tieu Nam Vang Quynh

フーティウを食べたいなら、Hu Tieu Nam Vang Quynhという飲食店がおすすめです。
値段が少々割高ですが、お店の内装に清潔感があって空調も整っていますのでゆっくり食事ができます。
フーティウとフーティウコーのどちらも食べられますので、ぜひ両方トライしてみましょう。
チキンラーメンのようなミー(Mi)やタピオカ粉が入ったバインカン(Banh Canh)などの他の麺類もありますので、この2つも食べてみたい逸品です。

 

(2) ベトナム料理のチェーン店、WRAP & ROLL

生春巻きやバインコットを食べたくなったら、WRAP & ROLLという飲食店がおすすめです。
このお店はチェーン店で、ホーチミンの至る所にあります。
もちろん、生春巻きやバインコット以外にもベトナム料理のメニューはありますので、いろんなベトナム料理にトライしてみるのも断然アリです。
店舗の内装もきれいでポップな感じで居心地もいいので食事する環境としてもおすすめです。

 

(3) バインセオの老舗、Banh Xeo 46A

Banh Xeo 46Aというローカル飲食店は、現地人にも観光客にも愛され続けているバインセオの老舗として超有名です。
バインセオがとてもおいしいのはもちろん、生春巻きや揚げ春巻きなど他のベトナム料理もありますので、このローカルレストランでベトナム料理を楽しんでもいいほどです。
さらに嬉しいポイントは日本語のメニューがあること。
ベトナム語や英語がわからなくても日本語で注文できるのはかなり親切ですし、日本人の旅行者や海外在住者としてはとても安心できます。

 

(4) 現地人にも旅行者にも大人気、Pho Quynh

フォーボーコーのローカルレストランとして有名なPho Quynh
このレストランは観光客の間でも有名で、欧米人などの外国人の顧客もよく見かけます。
フォーボーコーを堪能できるのはもちろんですが、バインミーというベトナムのパンも忘れずに注文するのがこの料理をより楽しめる秘訣。
フォーボーコーを食べて残ったスープにバインミーをディップして口にすると、バインミーボーコーというもう一つのベトナム料理を楽しめます。
ベトナムのビーフシチューを2倍楽しめるというのがフォーボーコーの魅力ですので、ぜひお試しあれ。

 

(5) 別名ヤギ肉ストリート、グエンコンチュー通り(Nguyen Cong Tru Street)

グエンコンチュー通りはヤギ肉ストリートとして有名で、ヤギ肉戦区と言ってもいいほどヤギ肉のローカルレストランがあちこちにあります。
お店のテントにラウゼー(Lau De)と出ているのがヤギ肉屋の目印で、どのヤギ肉店でもおいしいヤギ肉の焼肉を堪能できます。
ヤギのおっぱいのお肉はヴーゼーヌング(Vu De Nuong)といいますが、お店によってはメニューに英語でも表記されていますので、ベトナム語が分からなくても問題ありません。

 

(6) 花鍋で有名なお店、An Vien

An Vienの目玉商品は花鍋で、花鍋以外にもたくさんのベトナム料理があります。
店内の雰囲気も静かで高級感満載ですので、まさに高級ベトナム料理である花鍋にふさわしいです。
料理がおいしいだけでなく、店員がつきっきりで取り分けたりしてくれるので料理だけでなくサービスにもリッチさがあります。
女子旅や奮発したいときにおすすめの鍋料理ですので、この料理店でぜひトライしてみましょう。

 

まとめ

ホーチミンの名物料理について紹介しましたが、いかがでしたか。
1人で現地のローカル料理にトライしてみたいときや職場の同僚と食事をするときに、ぜひ参考にしてみてください。

以上、向日葵猫でした。

 

Share.

About Author

HimawariNeko

元ベトナム在住者の向日葵猫です。 現在はドイツのベルリンでフリーランサーとしてお仕事しています。

Comments are closed.

2大特典無料プレゼント2大特典無料プレゼント