【キャリア相談】社会人歴1年半の24歳女子は直感でタイ海外就職ができるのか?

こんにちは。
BEYOND THE BORDERの岡本(@tokamoto1979)です。

今回は、先日24歳女性で大学の事務職を1.5年ほど経験されている佐藤さん(仮名)のご相談とそのフィードバックについてです。

同じ内容を動画でも配信しています。是非こちらもご覧になってください。

今回の記事の内容はYouTubeでも公開しています。こちらも是非ご覧になっていただけますと嬉しいです。

 

夢は海外で働くこと!直感でタイで海外就職を希望!でも本当にそれで良いの?

佐藤さんは昔から海外に興味があり、1年間のイギリス留学もされています。

英語もTOEICで750点以上は取得しており海外旅行には時折出かけているとのこと。

そんな彼女の昔からの夢は海外で仕事をしてそこで生活をすることです。

現在はタイでの就職を考えているとのことですが、興味は持った理由は直感で、実はタイには行ったこともないそうです。

行動力がある佐藤さんは既にタイの転職エージェントに相談をしており今回の面接後にはタイ旅行&タイ視察をご検討とのことでした。

本当にこのスタンスで海外就職をしてもよいのでしょうか?

そして、佐藤さんは無事タイ就職は可能なのでしょうか?

 

タイ就職で本当に大丈夫?直感で決断する選択肢と現実的な選択肢の違いとは

結論から言うと、タイでの就職は可能です。

なぜならば、タイには多種多様な日本人の求人があり、スキルも英語力も求められない求人も数多くあるからです。

そして、佐藤さんが既にエージェントから主に提案されているのは日本語のコールセンター業務とのことでした。

この職種での就職については僕は少し考えた方が良いかもしれません、、とお伝えしています。

コールセンターでの業務は、基本的には様々な会社で営業やカスタマーサポートを請け負っている会社で行います。

そして使用する言語は(ほぼ)【日本語】になります。

社内の同僚の多くも日本人で時折、現地スタッフと英語などで話をするものの、95%は日本語での業務になることがほとんどです。

海外就職の目的が現地での生活を楽しむのであれば良いのですが、言語(英語)の習得や異文化マネジメント能力の向上、営業力やその他のスキルの向上、それに伴うキャリアアップであるならば必ずしも良いとは言えないと思います。

そのため、コールセンターでのキャリアは、今後の転職市場においてプラスどころかマイナスに取られてしまうことも多々あります。

また、直感でタイを就職先に考えているとのことですが、これまで培ってきた英語力を生かしたいというご希望もありました。

彼女には1年間のイギリス留学の経験とTOEIC750点以上の英語力もあります。

それを今回の就職活動と今後のキャリアに活かさない手はありません。

そうであれば、就職先としては主に英語を使って業務ができるシンガポールやフィリピン、マレーシア、インドなどが選択肢に入ってきます。

この中で、シンガポールとマレーシアは英語力や実務経験で厳しいかもしれませんので最初はフィリピンへ就職して、英語力とスキルを上げてその他の国へ就職するのも現実的な選択肢です。

このようにこれまでの職務経験やスキル、現在の英語力、さらには今後のキャリアに対する考え方で選ぶべき国も、業界も職種も変わってきて当然なのです。

それを直感でタイ!と一択で決めてしまうことには、僕はキャリアコンサルタントとして懐疑的ではあります。

 

海外就職をする際に考えるべき転職エージェントの功罪と留意点

ちなみにタイの転職エージェントに相談をしたとしても、上記のようなことは教えてもらえません。

転職エージェントの仕事は、企業に求職者を紹介し、採用が決定したら【企業から】報酬をもらうことです。

【企業から】報酬をもらうため、あくまで【企業の】エージェントです。

そして、エージェントの意向に最大限沿うように仕事をされます。

この辺の事情については、めちゃめちゃ重要なのでまた別の機会に記事を執筆しますね。

もちろん、上記以外にも佐藤さんにあった様々なアドバイスをしています。

ある程度今後のキャリアの方向性については整理できたのではないでしょうか?

 

佐藤さんからのフィードバック

以下が佐藤さんからいただいたフィードバックです。

少しでもお役に立っていたら嬉しいです。

↓(いただいたメール)↓

岡本さま

お世話になっております。
佐藤(仮名)です。

先日はスカイプにてお話をさせて
いただきありがとうございました。

返信が遅くなりました。

昨晩タイより帰国しました。

岡本さんの言っていた通り、
一度現地に行ってみるのは大切ですね。

現地に行ってみることで、
タイでの生活をイメージしやすくなりました。

さて、今回岡本さんが送ってくださった
アンケートに答えさせていただきました。

ご確認ください。

①先日のスカイプコンサルはお役に立ちましたでしょうか?

海外転職を考え始めた時に
なんとなく国を決めていたが、
自身が海外就職で求めていること
に合った国を紹介してくれた。

また、今後のキャリアを
考えどういった職種が良いかの
アドバイスもくれた。

②それをあなたのキャリアデザインに活かせることは何ですか?

海外就職するにあたって
自分の希望を洗い直し、
キャリアの棚卸しをする事で、
行くべき国や職種が見えてきた。

③今回のSkypeコンサルを受けて、今後どのようにキャリアを捉えて進んで行きますか?

海外就職国を絞りすぎず、
自分の適性・経験に合ったものを
選んで進んでいきたい。

(メールはここまで)

※BEYOND THE BORDERでは定期的にメルマガ読者限定で無料キャリア相談にのっています。今回の佐藤さんのように無料相談をご希望の方は下記のフォームからメルマガ登録をしてください。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

Photos:Dan Freeman,Florian Wehderawpixel, Lisheng Chang

岡本 琢磨(Takuma Okamoto)
岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒