インドネシア概要

1.インドネシアの概要

スクリーンショット 2014-11-13 23.32.15
インドネシアは大小1万3千もの島から構成される共和国で、首都はジャワ島のジャカルタに位置します。人口は2億5千万人を擁し、世界第4位となっています。。人口の大部分はマレー系ですが、300を超える民族によって構成されています。国境はイスラム教で世界最大のイスラム教国家でもあります。近年東南アジア圏でも経済成長が著しく、存在感が増しています。また、東南アジア諸国連合(ASEAN)の盟主とされ、ASEAN本部もインドネシアの首都ジャカルタにあります。

2.インドネシアの地理及び気候

スクリーンショット 2014-11-13 11.27.19
インドネシア共和国は世界最大の島嶼国(とうしょこく=島国)です。東南アジアとオーストラリアの間に広がるの大小1万3千を超える島々は、赤道全体の10分の1以上に及びます。主な島として、ジャワ、バリ、スマトラ、カリマンタン、スラウェシ、パプアがあり、この他に小さな島々が集まった二大諸島(マルク諸島とトゥンガラ諸島)があります。太平洋とインド洋、アジアとオーストラリア大陸を結ぶ立地は、インドネシアの文化、社会、政治、経済生活に大きな影響を及ぼしています。

スクリーンショット 2014-11-13 20.54.53
インドネシアは赤道直下の熱帯性気候のため、乾季と雨季のふたつの季節があります。おおむね5~10月が乾季で、11~4月が雨季となります。乾季は湿度があまり高くならずに過ごしやすく、雨季は午後になるとスコールのような大雨が降り、湿度も高くなります。

3.インドネシアの言語、民族及び宗教

スクリーンショット 2014-11-13 21.20.47
インドネシア人の内、95%程度がマレー人であり、そのマレー人は数多くの民族に分類され、ジャワ人が45%、スンダ人が14%、マドゥラ人が7.5%、沿岸マレー人が7.5%、その他が26%となっています。またマレー人以外では中国系が約5%となっています。
 言語については、インドネシア語が公用語となっていますが、日常で話す人は多くて3,000万人程度で国の人口比にすると多くはありません。しかし、第2言語として話せる人の数は多くなっています。インドネシア語以外にも500を超える言語が存在します。
 また宗教はイスラム教がイスラム教が76.5%と多数派を占めており、人口で言うと1億7000万人を超えるイスラム教徒が存在し、世界で最もイスラム教徒が多い国となっています。一方でキリスト教が13.1%(プロテスタント5.7%、独立教会4.0%、カトリック2.7%、他)、ヒンドゥー教が3.4%存在し、多宗教国家としての側面も持っています。
スクリーンショット 2014-11-13 23.33.34

4.日本との比較

スクリーンショット 2014-11-13 21.23.26
インドネシアの国土は日本の5倍、人口は約2倍と非常に広い国土と人口を要する国です。一方でGDPは日本の18%程度しかなく、一人当たりGDPでは9%と日本人の10分1程度のGDPしかありません。しかし、近年のGDP成長率は6%程度と非常に素晴らしく、市場としての魅力も大きくなってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です