日本人として海外で働くこと

0

今、フィリピン・セブから日本行きの飛行機に乗っています(投稿は1日遅れ)。

こうして、日本とフィリピンを行ったり来たりする中で、先日、アジア(フィリピン)で事業をしている方とお話をする機会がありました。

どうやら現地の従業員のマネジメントで苦労をされているようで、日本人の従業員を雇う事を考えているとの事。

僕も海外で仕事をしている一人の日本人として、日本人には日本人の働き方があると思います。

日本人は周りの人に配慮し、自分の仕事に責任を持った働き方をする人が多い。

日本にいるとあまり気がつかないかもしれませんが、この働き方は日本人の強みだと言えると思います。

もちろん、日本人全員がそういうわけではないし、外国人全員がそう言った働き方ができないとは決して言いません。

僕は短くはありますが4年間海外で事業を継続して100人以上の現地の方と一緒に仕事をしてきました。

また、アジアで働く100名を超える日本人にインタビューをしてきた中でそういった傾向はあると感じています。
(これを偏見というのだろうか、、以前そう指摘されたことがあります。。)

もし、苦労をする覚悟を持って海外で勝負することを望むのなら、その人には素晴らしい成長と活躍の場があると感じています。

たとえ今現在、日本で納得がいくキャリアを歩めていなかったとしても。

そしてその数年の経験は、その後のキャリアにおいて大きな財産になるでしょう。

ただ、苦労する覚悟がない人は、海外で働こうなどと思わないほうが良いと思います。

まず、うまくいかないので。

失望して帰国するのは本当に辛いと思いますし、本人だけではなく、周りの人も傷つける可能性があります。

しかし、日本人として覚悟を持った働き方ができるのなら、自分の未来と成長にフォーカスした働き方ができるのであれば、あなたを必要とするステージはきっとあると思います。

さて、そんなことを考えつつ、今日もお仕事をがんばろう。

今日も自戒を込めた投稿でした。

Pocket

Share.

About Author

岡本 琢磨(Takuma Okamoto)

Beyond the Border(ビヨンドザボーダー株式会社)代表取締役 / 海外転職カウンセラー・コーチ / フィリピン・セブ英語留学クロスロード代表・公認会計士 / 1979年5月8日生まれ / 慶応義塾大学経済学部卒

Comments are closed.